敏感肌と肌着

ワイヤー、ストラップ、レースなど、下着(特にブラジャー)のパーツには硬い素材が使われることが多く、肌を摩擦して敏感肌をより傷めつけてしまいがち。かゆみや肌荒れの原因となってしまいます。

最も重視すべきポイントは「ムレ」ないことです。

夏場に肌を密封するジェルパッド入りなどは避けましょう。さらには、金属アレルギーの予防策として、プラスティックでできたちやんワイヤーやフロントホックがオススメです。

ストラップは、華麗なレース素材よりも、シンプルな紐タイプの方が摩擦が生じにくくて肌にやさしいでしょう。

また、締め付けのきつい下着は血行を悪くし、肌の代謝を悪くして乾燥性敏感肌の原因になります。自分に合ったサイズを身につけるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする